いつの間にか消えていたよな、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。今では短パン、あぁ、あの頃が懐かしい

 1960年代半ばから90年代半ば頃まで、女子体操着として長く着用されてきた密着型ブルマー。

 「体形が丸見え」「下着同然」「パンツがはみ出る」…。恥ずかしさと不満がよみがえる方も多いだろう。なぜ学校で採用され、約30年間も継続されてきたのか。そんな疑問に迫った関西大学社会学部の山本雄二教授の著書『ブルマーの謎』(青弓社)をひもとけば、進歩派と保守派のねじれた支持と、学校現場をとりまく“大人の事情”が見えてくる。

「ブルマーの謎」 誰が導入? なぜ“はみパン”が教育現場に?
buruma.jpg


応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



 密着型ブルマーは60年代半ば頃から、中学校を中心に女子体操着として採用され始め、その後、全国の学校で急速に普及した。ただ、導入当時から女子の間で羞恥と不満の対象でもあったという体操着がなぜ、どんな経緯で取り入れられたのか、ということは謎だった。

 「誰も説明できないまま30年間も続いてきた。そんな現象に、組織の力学が働いていると思ったのです」。山本教授は、学生服メーカーなどへの取材や文献の調査を行い、教育学的、社会風俗的な見地からその謎に迫っている。

 そもそも、ブルマーが女子体操着として日本に導入されたのは、1900年代前半頃。袴(はかま)姿で体育を受けるのが不向きとされ、膝下まで大きく膨らんだニッカーボッカー風ブルマーが採用された。その後、長さは次第に短くなり、緩やかに尻を包み込むちょうちんブルマーが60年代半ば頃までの定番だった。それが、あっという間に密着型ブルマーにシフトしたのだ。

 《しゃがんで立ち上がればお尻のほっぺたが顔を出す。……そもそもそれ自体が下着同然であり、しばしば『はみパン』と呼ばれていやがられたように、パンツがブルマーからはみ出して女子に恥ずかしい思いをさせてきた》

 山本教授は「校内に性的な要素を持ち込むことに強い警戒感を抱いてきた学校が、密着型ブルマーを採用したことは、不思議な出来事」と首をひねる。

女子バレー選手への憧れ? 体操選手のレオタード姿に肉体の健康美?

 密着型ブルマーが選ばれた理由や背景について、巷では様々な説がある。有力なのは64年の東京五輪で、旧ソ連の女子バレーボールチームがはいた密着型ブルマーに少女たちが憧れたという説だ。体操着の採用は各学校の裁量に任されているが、「仮に憧れたとして、これまで学校が少女の憧れを制服に反映させたことがあっただろうか」と断じる。動きやすくなったという機能向上説には、「既にちょうちん型が、動きを妨げないよう工夫されており、運動面の機能は変わらなかったといえる」。

 山本教授は、「普及の速度と規模をみて組織的な力学が働いた」と考え、当時の全国中学校体育連盟(中体連)に注目、こう結論付けている。

 当時、発言権を得るために相応の資金を必要とした中体連が学生服メーカーと組んで、従来とは全く違う製品で体操服の総入れ替えを図った。定番だったちょうちん型を密着型に替え、中体連が普及に協力する代わりに一部を寄付金として得る-というものだ。

 「この作戦によって、まずは東京の学校に浸透し、他社も参入して全国津々浦々まで広がっていった」。当時、東京五輪の女子体操選手のレオタード姿を通して、女性の肉体に健康美を見いだす感覚が生まれており、「提案された学校も抵抗感なく容認できたのでしょう」。また、一度導入され定着したものは、そのまま継続されるという「学校現場の奇妙な力学も働いた」とみる。

進歩派と保守派の“ねじれた支持” セクハラの概念浸透でついに消滅

 そんな密着型ブルマーは90年代半ばに消滅する。俗説では、使用済みのセーラー服やブルマーを販売する「ブルセラショップ」の出現で、性的まなざしの対象になったことが原因といわれるが、山本教授は「89(平成元)年の新語・流行語大賞にもなったセクハラの概念が、日本社会に急速に浸透したことが大きい」とみる。

 93年には、シンガポールの日本人学校でブルマー着用を徹底しようとした教師に抗議する生徒の動きが報道され、「強要がセクハラと訴えられてもおかしくない雰囲気が作り出されていった」。そして、密着型ブルマーは姿を消し、ショートパンツやハーフパンツに取って代わった。

 およそ30年間、健康的と見る向きもある半面、女子たちには恥ずかしい思いを強いてきた密着型ブルマー。「身体の解放と自立を肯定する戦後民主主義派と、恥じらう女子に清純さと可憐さをみる婦徳派によって、意図しないまま支えられてきたのではないだろうか」と分析する。学校組織の力学によって普及し、進歩派と保守派のねじれた支持によって、道徳的意味合いが見いだされていたのだ。

 そんな密着型ブルマーは、下半身の防犯と防寒という実利的目的のため、いくぶん姿を変えながら、いまも少女たちのスカートの中でひっそりと生き続けているという。

引用元:産経ニュース

ギャンブル、それは保険と競馬とパチンコ・スロット・カジノの事だ。

「ギャンブル」と「保険」には、どちらも未来で何が起こるかによって、お金の動きが変わるという共通項があります。法律で規制される国も多い「ギャンブル」と、「年金」として国が導入することもある「保険」が、歴史的にも実質的にもいかに近しいものなのか、BBCがまとめています。

保険1

応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



サイコロを使ったギャンブルは、5000年前のエジプトで既に行われていました。そして、約4000年前のハンムラビ法典には「冒険貸借」という保険の一種についての決まりが書かれていました。

冒険貸借は、船主が積み荷や船を担保に資本家からお金を借り入れ、もし航海がうまく行けば利息を付けて資本家に借金を返済し、船が沈んだり荷物が失われることになれば返済を行わなくてもいいというものでした。一方で、中国では船同士が積み荷を交換することでリスクヘッジし、片方の船が沈んでも、もう片方の船の積み荷を陸に届ける、という方法が取られていたとのこと。これらの方法は当時まだ成功する確率が低かった航海のリスクを減らすものでしたが、物理的な「交換」という方法は手間がかかるものでした。それゆえに時間の経過と共に、より構造化され、洗練された金融契約が生まれていきます。

1687年になると、エドワード・ロイドという実業家がロンドン・テムズ川沿岸のドックにコーヒーハウスをオープンさせました。当時のコーヒーハウスは船乗りや商人、船主でにぎわい、パトロンたちもコーヒーや紅茶を楽しみながらゴシップ話に花を咲かせたとのこと。その中で、「どの船が何の荷物を積んでいるのか?」ということが話題となり、船が無事に航海を終えられるかどうかという賭け事が生まれていきました。「ジョン・ビング提督は無能だからフランス船と戦うことになったら撃たれるだろう」ということなども賭けられたそうです。
保険2

コーヒーハウスの客たちが賭け事の材料を求めていると気づいたロイド氏は情報提供者によるネットワークを構成し、海外の港や潮の流れ、どの船が行き来しているのかという情報をまとめたニュースレターを発行。「ロイズ日報」と呼ばれる海洋情報のニュースレターは、2013年まで紙の新聞として発行され続け、現在はニュースサイトとして運営されています。そして賭け事が行われる中で、船に保険をかけたいと考える人が現れ、次第にギャンブルが「保険」へと形を変えていきます。

ロイド氏がコーヒーハウスをオープンしてから約80年後、これら保険業者らのグループが共同体を設立します。これがロンドンを拠点とする世界的な保険市場ロイズの始まりでした。

一方で、「海」ではなく「山」から生まれた保険も存在します。16世紀、アルプスの農家たちは自分の家畜や子どもが病気になったら、互いの世話をするという合意を結びました。コーヒーハウスの保険業者たちにとってリスクは「トレード」するものでしたが、アルプスの農家たちにとってリスクは「シェア」するものだったのです。
保険3


このような、「リスクをシェアし互いに助け合う社会」という形を取っている最も大きな組織は「政府」です。1600年から1700年にかけてのヨーロッパでは、戦争で戦うためのお金を集める方法として、政府は保険ビジネスを導入しました。政府は公債の代わりに、「お金が無い状態で長生きしすぎた時のリスクから守ってくれる」という保険の一種である年金を売り出します。そして導入された当時はお金を集める名目だった年金は、現在、国人の直面する病気や失業といったリスクを減らすものとして機能しています。

ただし、政府主導の保険は、比較的裕福な国では期待できるものの、貧しい国では期待できません。また、保険は心の平和を作り出すだけではなく、健全な経済の重要な要素であるにも関わらず、そのような場所に対しては民間の保険会社も興味を示しません。

例えば、近年の研究で、南アフリカ共和国に囲まれた内陸国であるレソトでは、干ばつのリスクがあることを理由に、農家が専業になったり農地を拡大することができないことが分かりました。そこで研究者らが保険会社を作り作物保険を売り出したところ、農家らは保険を買い、ビジネスを拡大し始めたとのこと。このように、保険が市場に介入することで、経済が正常に動き出したという例も存在します。

一方で、ギャンブルと保険との境目がもっとも曖昧なのが、金融派生商品のマーケットです。金融派生商品に関する契約では、人々が為替相場などに対して賭けを行います。これらは保険の形を取りつつも、ギャンブルの要素が非常に強いもので、小麦作物の会社が為替レートの上昇をヘッジするために上昇小麦の価格が下がる方に賭けるという、一見すると矛盾することも生じます。そして一般的な保険とは異なり、金融派生商品の市場の保険業者は「自分の身を守ろうとする誰か」を探す必要がなく、「ギャンブルをしたい人」を探すことになります。

2007年に世界金融危機が生じた時、未払いの金融派生商品の額面は実際の経済の何倍も巨大に膨れあがっていました。現実金融派生商品は「派生」という言葉がついていながらメインイベントとなり、世界の経済が付け足しのような状態になっていたのです。そして、この「保険」という顔をしたギャンブルは、現在も引き続き行われることとなっています。

引用元:Gigazine

ジンジャエール爽発売。ピリッと生姜味のアイス。

ロッテアイスは、カップアイス「爽」の新商品「ジンジャーエール味(辛口)」を4月10日に発売する。希望小売価格は税別130円となる。
生姜味

応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



「爽 ジンジャーエール味(辛口)」は、ジンジャー由来の辛み成分と香りを組み合わせ、アイスなのに辛口という大人な味わいを楽しめるカップアイス。食べ進めるうちに徐々に辛味が効いてくるアイスの中には、ジンジャエール味のラムネを配合。ピリピリとした刺激のアクセントを加えている。「爽」ならではの微細氷入りでシャリッとした食感とさっぱりとした後味も楽しむことができる。

引用元:BIGROB

夜10時の大阪駅ホーム。駅員が撮り鉄にブチ切れ マナー無視の「一部始終」動画あり。

夜10時の大阪駅ホームに写真撮影好きな鉄道ファン、いわゆる「撮り鉄」が押しかけ、騒然となった。彼らのお目当ては、団体臨時列車「サロンカーなにわ」。

ホームからあふれそうになる撮り鉄に駅員が厳しく注意する場面もあった。ネットで「罵声大会」とも言われたこの一件、JR西日本はどう受け止めているのか。
撮り鉄

応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



線路に身を乗り出してパシャパシャ

サロンカーなにわは今回、日本旅行の企画した山陰旅行プランに駆り出された。2017年3月18日に大阪駅を出発。夜のうちに福知山線と山陰本線を経由して米子駅に向かい、20日に大阪駅へ戻る行程だ。

宴会コーナーやサロンを車内に備えたサロンカーなにわは、見た目、内装ともに特殊なつくりをしている。それだけに、撮り鉄の熱い視線を浴びてきた。

今回は、牽引車も「DD51 1191」という普段お目にかかれないディーゼル機関車。サロンカーと牽引車の「豪華2本立て」に惹かれた大勢の撮り鉄が、大挙して大阪駅に押し寄せた。

「はい、前に出ない!」「はい、下がる!」「走らない!」――。18日22時、出発時のサロンカーなにわを一目見ようと集まった撮り鉄に駅員が注意する。心なしか、声のトーンはいつもより強い。ツイッターやYouTubeにその様子をとらえた動画が投稿されている。当時、どこからともなく集まった撮り鉄でホームは埋め尽くされていた。少しでもいい撮影場所を確保しようと、黄色い点字ブロックを越える人も続出していた。

そして、サロンカーなにわの入線時、にわかに大勢の撮り鉄が身を乗り出し、カメラを構えだした。背後から少し押されただけであっさり線路に落ちてしまいそうな位置取り。大混雑するホームの上では、間違いなく危険な行為と言えるだろう。

言うことを聞かない撮り鉄に業を煮やしたのか、駅員の注意は「怒声」へと変わった。

JR西「中高生が多かった」

現場に居合わせた乗客はツイッターにこんな感想を投稿している。

「なんか大阪駅に鉄オタ大集合してる」
「撮り鉄で溢れかえってる...」
「撮り鉄さんたちがすごい」

駅員の怒声が飛び交う様子を「罵声大会」と揶揄する声もあった。「NAVERまとめ」にも、「【大阪動物園】大阪駅に撮り鉄が集結し罵声大会 一般人がドン引き」というまとめ記事が投稿された。

JR西日本の広報部は取材に、「(到着時の)20日は問題なかったんですが...」と切り出し、こう明かす。

「(18日は)黄色い線の内側に入らなかったり、手持ちのカメラを線路側に差し出したりするという危険行為が見られたので注意しました。今にも電車を止めちゃいそうな勢いでした。どうにもマナーがよろしくなかったようです」

当時ホームに居合わせた撮り鉄は「およそ300人」。

「現場からは『中高生が多かった』と聞いています」

とも話した。


引用元:J-CASTニュース

今や、クソ鬼上司なんて隠れ家風居酒屋ぐらいどこでも遭遇するんだよ!

鬼上司と出合ったことがあるという割合は約57%。付き合い方を極めるのが部下のつとめってもんさ。

応援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



鬼上司


引用元:TYPEメンバーズパーク
おすすめ
プロフィール

横浜のえ~すけ

Author:横浜のえ~すけ
日々の出来事を色々と紹介してゆきたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR